読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内でこれから出す本のチラシの文案に関して、打合をした。

 

浄瑠璃長唄と記したところに、チャチャがはいった。

浄瑠璃の他に、常磐津や清元があるだろう。と、いう。

浄瑠璃には、義太夫常磐津・清元などがあるので、それを総称しているのだが、分からない人間には分からない。

 

浄瑠璃長唄を対比させているのだが、それが分からない人間にはわからないのだ。

つまり、多くの人は、宣伝文で勉強させてもらおうなどと、思っているのではなく、宣伝文は分かるように書かなくてはならない、というのが主旨なのである。

 

自分が詳しい分野であるならば、まったくこのようなことはいわないのだが、

こまったものだ。