読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィーバー!

忙しいといいながら、最近休みの日によくパチンコに行く。
それほど負けない。
まぁ、珍しいこともあるものだ。


しかし、著者に「忙しいからなかなか企画の原稿は読めないですよ」と言いつつ、休日の1,2時間、ぼーっとしているのが、思いの外好きなのである、著者の皆様このくらいのこと勘弁して下さい。休みなのですから。


ところで、仕事をしていないとき、いったい人は何をしているのだろうか?
一般的に私もご多分に漏れずに、


 1.生きるために必要なこと(個人的なこと)
 2.仕事に行くために必要なこと
 3.家族と過ごす時間
 4.自分の楽しみの為の時間


ということになるだろう(なるだろうなんて近代文学の研究論文によく書かれている書き方みたい)。


この4つが、いろいろ重なったり、くっついたりして時間が過ぎていくのだ。
そして、それがすべて自分の楽しみと重なったり抱き合ったり出来ていれば結構なことだと思う。
そして、仕事も楽しめる、というか、仕事を楽しむことは、大切だね。ハラハラドキドキのことも多いけど。
先日とある書籍製作者が、不安そうな表情をしているので、どうしたのか尋ねたら、
「いやぁ、さっき責了にしたんですよ、この先、本が出来て配本して、どこかから、ここが間違っている・あそこがおかしいって言われるんじゃないかと、不安で不安で、これがいくつになってもイヤですね」
「そうですか、私もそうなんですよ、いつまでも慣れませんよね」
「でも、読者の手に渡っても直そうと思えば直せますから、あんまり心配してもしょうがないですけどね」
「そうそう、初校・再校・黒焼き・一部抜き・製本チェックの各段階で、訂正にかかる費用が跳ね上がりますけどね」
「その気になれば、何だって出来ますよ」
「でも、その気になる前に、何とかして欲しい」
って、会話をしました。これもハラハラドキドキの楽しみの一つかも知れません。
実際、回収して直すとか、定価貼り直しシールを貼るとか……、
ああ、思い出したくない。


とりわけ、私の中で、1と2と4の中心になっているのが、「走る」ことだ。


NIKE+のサイトの中に「RanRanRan」という同年代の同じくらいのレベルのランナーを競べるコーナーがあって、常に上位に入っている。ちなみにというのは
http://nikeplus.nike.com/nikeplus/?locale=ja_jp


もちろん、私は昔陸上部だったこともなく、だれかに習ったわけでもなく、我流我流で走っているのだが、
NIKE+を付けてから、益々走ることに、のめり込む生活になっているようだ。


NIKE+を使い始めた2月は、
月間走行距離 127?
月間走行時間 14時間28分

そして、3月は今のところ
月間走行距離 76?
月間走行時間 8時間05分
である。


毎日30分は走ろう、と誓ったそばから、
やっぱり一日45分は、走りたいと思ってしまう。
う〜悪魔の器具!

そして、今朝、45分程度の距離を考えて選んだコースがある。
もちろん、「高稲荷」の早朝お参りは欠かせるものではないので、入れてある。
まぁ、なかなか結構なコースであったのだが、


なな、なんと。


ワークアウト終了後の記録を見ると
走行距離が、
7.77キロメートル表示されていた。

これから、このコースをフィーバーコースと呼ぶことにしようとおもった顛末である。




忙しいといいながら、最近休みの日によくパチンコに行く。
それほど負けない。
まぁ、珍しいこともあるものだ。

しかし、著者に「忙しいからなかなか企画の原稿は読めないですよ」と言いつつ、休日の1,2時間、ぼーっとしているのが、思いの外好きなのである、著者の皆様このくらいのこと勘弁して下さい。休みなのですから。

ところで、仕事をしていないとき、いったい人は何をしているのだろうか?
一般的に私もご多分に漏れずに、


 1.生きるために必要なこと(個人的なこと)
 2.仕事に行くために必要なこと
 3.家族と過ごす時間
 4.自分の楽しみの為の時間


ということになるだろう(なるだろうなんて近代文学の研究論文によく書かれている書き方みたい)。

この4つが、いろいろ重なったり、くっついたりして時間が過ぎていくのだ。
そして、それがすべて自分の楽しみと重なったり抱き合ったり出来ていれば結構なことだと思う。
そして、仕事も楽しめる、というか、仕事を楽しむことは、大切だね。ハラハラドキドキのことも多いけど。
先日とある書籍製作者が、不安そうな表情をしているので、どうしたのか尋ねたら、
「いやぁ、さっき責了にしたんですよ、この先、本が出来て配本して、どこかから、ここが間違っている・あそこがおかしいって言われるんじゃないかと、不安で不安で、これがいくつになってもイヤですね」
「そうですか、私もそうなんですよ、いつまでも慣れませんよね」
「でも、読者の手に渡っても直そうと思えば直せますから、あんまり心配してもしょうがないですけどね」
「そうそう、初校・再校・黒焼き・一部抜き・製本チェックの各段階で、訂正にかかる費用が跳ね上がりますけどね」
「その気になれば、何だって出来ますよ」
「でも、その気になる前に、何とかして欲しい」
って、会話をしました。これもハラハラドキドキの楽しみの一つかも知れません。
実際、回収して直すとか、定価貼り直しシールを貼るとか、
ああ、思い出したくない。

とりわけ、私の中で、1と2と3の中心になっているのが、「走る」ことだ。


NIKI+のサイトの中に「RanRanRan」という同年代の同じくらいのレベルのランナーを競べるコーナーがあって、常に上位に入っている。ちなみにNIKE+というのは
http://nikeplus.nike.com/nikeplus/?locale=ja_jp

もちろん、私は昔陸上部だったこともなく、だれかに習ったわけでもなく、我流我流で走っているのだが、
NIKE+を付けてから、益々走ることに、のめり込む生活になっているようだ。

NIKE+を使い始めた2月は、
月間走行距離 127?
月間走行時間 14時間28分

そして、3月は今のところ
月間走行距離 76?
月間走行時間 8時間05分
である。


毎日30分は走ろう、と誓ったそばから、
やっぱり一日45分は、走りたいと思ってしまう。
う〜悪魔の器具!

そして、今朝、45分程度の距離を考えて選んだコースがある。
もちろん、「高稲荷」の早朝お参りは欠かせるものではないので、入れてある。
まぁ、なかなか結構なコースであったのだが、


なな、なんと。


ワークアウト終了後の記録を見ると
走行距離が、
7.77キロメートル表示されていた。

これから、このコースをフィーバーコースと呼ぶことにしようとおもった顛末である。